ぱーぷるのミュージック Note.

洋楽が好きな私が最新のアルバムのレビューやアーティスト紹介をゆる~くするブログです。

私がどのようにして新しい洋楽を日々発見しているかを紹介します【洋楽】

f:id:theclock:20181019115802j:plain

Hi !!

今週はやらないといけないことが何個か重なってしまって忙しい1週間でした。

そんな1週間の疲れを癒しながら、この記事を書いてます。

さて、今回は私がどうやって最新の洋楽の曲やアーティストの情報を得て、知識を増やしているかについて書いていこうと思います。

もっと多くのアーティストを知りたいという人に是非参考にしてもらいたいですね。

という訳で早速いきましょう。

 

 情報入手の手段その1:チャート

 私の1番の情報源は音楽チャートです。

具体的には全米と全英のシングルとアルバムチャートです。

毎週、更新されるたびにトップ10に新たに入ってきた曲やアルバムはとりあえず聴くようにしています。

そして時間のあるときに20位から40位くらいまでをざっとチェックして、気になるアーティストは聴くといった感じです。

私の情報源の全体の7割くらいがこのチャートからの情報になってますね。

チャートのいいところは楽に多くのアーティストを発見できる点です。

毎週、必ず何かしらの新しい動きがあって情報が尽きることがないのが私はいいなと思っています。

また、チャートを見るときに気をつけていることが1つあって、チェックするサイトは個人のブログなどではなく、オフィシャルのサイトでチェックするということ。

なぜそうしているかと言うと、余計な先入観なしに曲をチェックしたいからです。

個人のブログだとライターの意見が書いてあったりして、そういった意見が自分の曲に対する評価に影響してしまうことが私はイヤなんですよね。

なので私のチェックしているサイトは下の2つだけです。

全米チャート

Top 200 Albums | Billboard 200 chart | Billboard

全英チャート

Official Singles Chart Top 40 | Official Charts Company

ちなみに知らない人のために2018年10月現在チャートの更新は日本時間で全米で水曜、全英で土曜にされています。

 

情報の入手手段その2:YouTube

続いての情報源はユーチューブです。

このサイトを知らないという人は多分いないと思うくらい有名で便利なサイトですが、特に私が情報源として利用するのはユーチューブの”関連動画”のところです。

何か動画を再生すると私の知らない曲が関連動画の欄に出てきたりします。

そういった曲で気になるものを再生してみるという方法で新しいサウンドを発見していきます。

この方法はカントリーとEDMなどチャートの上位にあまり来ないジャンルで使うことが多いです。

 

情報の入手手段その3:ラジオ

3つ目は意外かもしれませんがFMラジオです。

この情報源の使い方はいたって簡単で、ただラジオを聴くだけ。

そしてオンエアされた曲でこれいいなと思った曲は後で調べてみるというもの。

この方法のいいところは受動的に情報が得られることです。

ラジオは年代やジャンル関係なく意外な発見がたくさんできて、ほんとに便利なツールだと私は考えています。

ラジオなんてとか古い…とか思っている人はその考えは改めるべきですよ(笑)

あ、ちなみに聴くラジオ局はしっかりと選ぶ必要はありますね。

どのラジオ局でもいいかというとそういう訳ではないのでそこだけは注意です。

私がよく聴いているのはFM802という近畿で聴けるラジオ局です。

 

 その他の情報源

最後にそのほかの情報源を2つ紹介します。

まず一つ目は友人からのおすすめです。

周りに音楽の話ができる人がいる方はその人の好きな曲とかを聞き出してそれを聴くというのはいい方法です。

私もこの方法で多くのアーティストを知れました。

 

2つ目は曲のフィーチャリングアーティストを調べるという方法。

DJの曲とかはボーカルを他から引っ張てくることが多いんですが、そういったボーカルの人で知らないアーティストは調べたりします。

この方法で実際に私が発見したアーティストではEllie Gouldingがいますね。

世界一稼いでいるDJ、カルビン・ハリスのヒット曲『I Need Your Love』で彼女の名前を知って、その時に彼女の特徴的な声を気に入り、彼女自身の曲を聴いて好きになったという経緯があります。

この調べ方は洋楽初心者はぜひやってみるといいと思います。

知識の幅が簡単に広がっていきます。

 

最後に

以上が私が日々、洋楽を調べる方法でした。

私はオールジャンル聴く人なのでこんな方法でしたが、特定のジャンルしか聴かないんだ!という人にとってはちょっと役に立たない部分も多いかもしれませんね。

あと、洋楽詳しい人で他にもこんな情報源ありますよっていう方がいたら是非とも教えてほしいです(笑)

 

 

と言った感じで今回はこの辺で

ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!私のこれからの励みになります。